加齢臭は何歳から?

加齢臭の元は30歳あたりから徐々に!

加齢臭といえば、50歳くらいの男性から発せられる匂いというイメージがあります。また匂いのもとは「ノネナール」といった物質です。

高齢化社会の到来とともに認知度も広まってきて、中高年のアンチエイジングの1つして大切なキーワードになっています。

主にポマードのようなニオイがするといわれることが多く、ニオイからもわかるように加齢臭は脂の臭いでもあります。ノネナールといった物質は私たちの汗腺の近くにある皮脂腺からでる脂肪酸が年齢とともに酸化した結果、ヘキサデセン酸とい脂肪酸が増加するようです。

これが出始めるのが30才を過ぎたころからと言われています。

またこれと同時に過酸化脂質も増え、ヘキサデセン酸と過酸化脂質が混ざることにより、分解と酸化が促進、ノネナールが発生するといった仕組みになっています。

ノネナールが出始める時期は個人差もあるようです。老化現象や遺伝的要素、生活習慣などの差によってノネナールが発生する年齢は変わってくるといわれています。ただ、平均として30歳あたりが一般的なようです。

体臭対策サプリ総合ランキングへ

加齢臭は高齢化社会のアンチエイジングキーワードとして定番となりました。いったい何歳くらいから症状が出始めるのでしょう?続きは記事で。