良い香りと悪臭

良い香りと臭い香りの境界線はどこだ!?

体臭が欧米人に比べれ弱い日本人は、ちょっとした匂いに対しても敏感です。

それがはっきりわかるのが、海外では例をみない制汗剤などの無香料の表示です。香りで体臭をマスキングする欧米人からは、およそ考えられないことだそうです。

世界をみても無臭が商品化されて消費者に支持されているのは日本だけだそうです。

匂いに敏感な鼻をもつ日本人ならではの感覚から生まれたものです。

匂いにたいして個人差はありますが、このように人種的な匂いに対する意識の違いによっても、感覚が異なってきます。

ですから広い目でみれば悪臭基準が難しい気もします。ドリアンやくさやなどがそれに当たるのでしょうかね。

しかし狭い目で日本だけを見るならば、少しの刺激臭や汗くささでも悪臭扱いになります。良い香りと悪臭の境目は日本では狭く、世界的にみれば、かなりの刺激臭は許されるような判断ではないでしょうか。

もしも自分のニオイが気になりだしたら…

体臭や口臭が気になりだしたら香水やデオドラントなどを使って対策を取る方が多いのではないでしょうか。

正解でもありますし、不正解でもあります。香水やデオドラントは一時的には臭い香りをなくすことができます。しかし、根本的な解決には至りません。理由としては香水やデオドラントはマスキングと呼ばれます。

ニオイをなくすのではなく上から被せてしまうといったイメージです。ニオイの発生源にアプローチするワケではないので時間経過とともに臭い香りは広がりだします。

他人に迷惑をかけない日常生活の中では有効ですが合わせて内側からのエチケットケアも必要。体臭に栄養を強く与えるのが食事とされていますが忙しい方にとってはファストフードや肉食中心になりがちです。動物性蛋白質などは取り過ぎるとかえって体臭などを強くする原因にもなります。

そこで時間がない。野菜中心の食生活が難しい方にはエチケットサプリを活用してニオイ対策をしていくのがベスト。即効性はあまりないですが続けていくうちに消臭成分が体に広がり外にでるニオイを抑えてくれたりクリアにします。

体臭対策サプリ総合ランキングへ

素朴な疑問として良い香りと悪臭の境目ってなんだと思いますか?